安全にスズメバチの巣を駆除する方法|業者を利用して徹底的に退治

大切な家を守るには

床

定期的な床下点検が必要

木造家屋の床下は、定期的な点検が必要です。従来の木造家屋の床下は、地面からの水蒸気の蒸発などで湿気を多くふくむ場合がありました。そのため、床下の多量の湿気はカビやシロアリの原因となっていました。近年、有効な建築資材の開発などにより、床下をベタ基礎として地面からの水蒸気の蒸発を防止する工法が普及しています。床下には一定の換気口が設置されていますが、面積の広い住宅では十分な換気が得られずに、換気不足から断熱性の高い床下に結露が発生することになり、多量のカビやシロアリが発生するケースが増加しています。床下の湿気が畳などに移った場合には、ダニやカビを屋内にも発生させることになります。住宅の柱や壁を侵食するシロアリは、一度発生すると大切な住宅に大きな被害をおよぼしますので、早期の駆除が必要です。

専門業者に工事を依頼する

木造家屋の床下にはいくつかの換気口が設置されていますが、十分な床下換気の効果が発揮できていない場合があります。特に、面積の広い住宅や間取りの複雑な住宅の床下は、住宅のコンクリート基礎の構造が複雑なために住宅の中央部の換気が不十分となっている場合があります。ホームセンターなどで販売している換気扇やダクトを使用して、床下換気工事を自分ですることもできます。床下換気工事は、床下での工事を行うことなりますので、畳を上げたりするなどの作業や電気配線工事が必要となる場合もあります。一定の電気配線工事については、工事の資格者以外の者が行うことはできません。床下換気工事については、専門の工事業者に依頼することがベストです。床下換気は大切な住宅を守るのみならず、家屋内のダニやカビを防ぐことになり、健康面でも有効です。

このエントリーをはてなブックマークに追加