安全にスズメバチの巣を駆除する方法|業者を利用して徹底的に退治

害獣の対策法

一軒家

鳥獣保護法をチェック

害獣駆除を行う際は、被害を起こしている動物が保護されている対象かどうかを、チェックする事が大切です。鳥獣保護法という法律があり、この法律で保護されている鳥や動物は勝手に駆除する事は出来ません。例えば、イタチも鳥獣保護法で守られている動物ですので、罠を仕掛けるなどして駆除する事は出来ないのです。害獣駆除を行ったばかりに、法律違反を犯してしまう危険性もあります。自分勝手に駆除するのは、大変危険な行為です。鳥獣保護法で保護される対象の動物が、家に住みつくなどして被害が出ている場合は、害獣駆除を専門に行う専門の業者に相談しましょう。専門の業者は特別な許可を持っているので、鳥獣保護法で保護されている鳥や動物も駆除出来ます。

自分で撃退するには

自分で害獣駆除を行いたいという場合は、動物が嫌う臭いで追い出すという方法をおすすめします。追い出す方法は鳥獣保護法で保護されている、鳥や動物にも使える方法です。メントールやハッカ、木酢液など動物が嫌がるような強い臭いをするものを、被害が出ている場所に置きます。その場所が嫌な場所だと認識すれば、追い出す事も可能です。ただ、臭いで追い出す方法は臭いが薄れてしまうと、害獣がまた戻ってきてしまう危険性が高いです。臭いで撃退した後は、害獣が入り込みそうな場所を徹底的に塞ぐ事が大切です。特に、庭に高い木があるという場合、木登りを得意とするハクビシンやアライグマといった害獣は上って、簡単に屋根裏へと入り込んでしまいます。このような場合は、枝を切るなどして対処しましょう。できるだけ、害獣が侵入しにくい環境を作るという事が大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加